『ゴリウォーグのケークウォーク』

kooreruongakuきたじまたくやのblog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ライヴのお知らせ(日記ではないのでそのうち消えるかもしれません) | main | かいじゅうたちのいるところ >>

バットマンからスパークルホースまで

『バットマン』と『バットマン リターンズ』をTSUTAYAで借り、鑑賞した。『バットマン』は色々な人が撮っているが、上記2作品と『バットマン フォーエヴァー』がティム・バートンの作品ということで良いのだろうか?ティム・バートン作品の音楽は大抵ダニー・エルフマンという人物が担当しているのだが、このダニー・エルフマンの音楽には大きな影響を受けている。最近の楽曲は特にそうであり、展開の発想を欲しているときはダニー・エルフマンかチャイコフスキーを聞くことが多い。故に『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のサウンド・トラックは常にiPodに収められている。『バットマン』の感想という訳ではないが、自分が過去観て印象に残っているバットマンはティム・バートンのものではないということに気付いた。ジャック・ニコルソン演じるジョーカーは忘れようがないと思うので、この作品は初めて見たのかもしれない。バットマンについてあれこれ考えていると、いつぞやバットマン関連のサウンド・トラックにThe Smashing Pumpkinsが楽曲提供していて、その1曲を聴きたいが為にそれをブック・オフで購入したことをふと思い出し、CDが収納されている棚を探したが見付けることが叶わなかった為、代わりに何枚かのオムニバスというのかコンピレーションというのかそういった類のCDを棚の奥から引っ張り出した。その中にThe Smashing PumpkinsとRed Red Meatの共同作品である“Sad Peter Pan"が収められているアルバムを見付け、懐かしく思い眺めていると、これを買った当時はまだ知らなかったが(買ったのは違うがアルバム自体は96年発売されたもの)、“West Of Rome"という曲でSparklehorseも参加していることに気付いた。パソコンの故障と共にSparklehorseのデータは消滅してしまったのだが、この曲はアルバムに入っているのだろうか?Sparklehorseの活動は95年からのようなので、この楽曲はかなり初期の作品ということになるが、どうなのだろう。Sparklehorseと言えば……。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://golliwog.jugem.jp/trackback/259
この記事に対するトラックバック